転職エージェントに登録して転職に成功した私の体験談

転職エージェントに登録して転職に成功した私の体験談
マカロン
ナポレオン
HOME => 転職の際の履歴書の記入のコツですが、

転職の際の履歴書の記入のコツですが、これま

転職の際の履歴書の記入のコツですが、これまで勤めていた会社でどういった仕事をしていたのか、どういった業績があったかなど、自分がどのような仕事の成果を上げたのかをわかりやすく書くことが重要なところです。



転職を考える際には、まず、履歴書を使って自己主張することが必要なのです。


仕事を変えるときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を持っていることで役立ってくれることもあるかもしれません。

このMOS、実はマイクロソフト社の公認のPCスキルを認めてくれる資格なのです。
このMOSという資格を持つことにより、ほとんどの企業で必要不可欠となっているマイクロソフト社のワードやエクセルといったソフトに関する知識やスキル等を証明できるのです。

正規の社員に比較すると、待遇に大きな差があるとの評判がある契約社員の待遇の状況についてですが、実際の給料の額には、どれほど差が存在するのでしょうか。テレビ番組によると、生涯取得額に換算して、約8000万円の差異が生じるといった衝撃の調査結果が明らかになっていました。


転職理由で無難なものとして、スキルアップを目指したいためという理由が一番危なげなく、さらに、相手にマイナスイメージを持たれづらい理由です。
理由がスキルアップであるならば、リスクが少ないだけでなく、入社後もさらなるスキルアップを目指しているという積極的な印象を人事側に与えることが可能です。転職する際に、大手企業を選べば、給料はアップするのでしょうか?基本的には収入アップとなるので、手取額にこだわるのなら転職の際に大手企業を目指した方が良いでしょう。
大企業では年収800万円前後もそう珍しいことではないといえます。


年収が1000万円ほどの人もいるため、明らかに中小企業よりも収入は多くなるといえますね。転職先が大手企業だった場合、給料が増えるケースが多いですが、一番差が出るのはボーナスの金額でしょう。
中小企業だと少ないボーナスだったり、業績によっては出ないこともあります。もし、給料が40万円と同じでも、ボーナスが無ければ480万円というのが年収ですが、年二回のボーナスがあるのであれば、それだけ収入が違ってくることとなるでしょう。転職する時に、身内と話すことは大切なことでしょう。

ただ、助言が欲しければ、現在の仕事の詳細をしる同僚に相談した方がいいかもしれません。

仕事仲間だからこそ、できる助言があると思います。勤務先に信頼できる方が存在しない時は、転職したことのある友達に相談するのもおすすめです。



専門職では、求人に際し、その条件として規定となっている資格を持っていることなどと掲げられている求人もあるので、専門職への転職がしたいのなら資格を持つ方が有利となっています。

さらに、資格を持つ人とそうでない人とでは、人事部が履歴書を確かめる時にもちがいが出てくることとなるでしょう。

関連記事

道
Copyright (C) 2016 転職エージェントに登録して転職に成功した私の体験談 All Rights Reserved.