転職エージェントに登録して転職に成功した私の体験談

転職エージェントに登録して転職に成功した私の体験談
マカロン
ナポレオン
HOME => 転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務

転職の履歴書に、前職の会社の名前

転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数のような工夫のない経歴を記入するだけでは、採用試験をうける企業の人事の人に今までがんばってきたしごとをわかって貰うことはできないのです。どのような部署でどのようなしごとをおこない、どんな成果が残せたのかや技術を身につけたなどの説明を加えることで、人事に見てもらいやすくなります。

転職の斡旋をする転職エージェントでは、履歴書の書き方、面接のやり方など、転職に関係したアドバイスを貰うことが出来ます。始めて転職を行なう場合、分からないことはたくさんあると思うので、大いに役立つことだと思われます。



他にも、入社日の調整や面接の日時、条件交渉など、本来であれば自分で行なわなければならないことを全部代行してくれるので、手間のかかることをしなくてもすみます。中小企業はイロイロな経営課題を抱えていますから、中小企業診断士に合格していれば、転職する時にも有利になるでしょう。
中小企業診断士という名で呼ばれる資格は、中小企業の問題の診断や解決をおこない、経営に関する助言を行なう専門家ですので、経営コンサルタントに類似した役割だと考えてミスありないのです。


転職エージェントとは、転職の支援をする会社です。

それならば、転職エージェントは本当に役立つのでしょうか?結論から述べると、それは使い方次第だと思われます。


頼ってばかりでいると転職に成功しない可能性があるんですが、うまく活用できればとても役立ちます。今まで勤めた業種とちがう異業種に転職する人もいますので、いろいろやってみればできます。
しかし、その時は覚悟しなければいけないのです。しごとが見つからなくて、長期間、転職活動することになるかも知れないのです。二十代は吸収が早いので、未経験者でも採用されるケースが多いようですが、30代になってしまうと、やはりしごとを記憶する速度が遅くなるので、採用されにくいでしょう。

転職をする時、どういうことを心に留めたら前職より多く給料を貰えるのでしょうか。
今までのしごと内容や得意なこと、この先のスキルアップに向けての見とおしなどを転職先の会社に具体的に自己アピールすることです。
人事担当者を説得できるだけのPRができるようなら、給料アップも容易いでしょう。賞与を貰って転職する方が金銭的に余裕があるんです。退職金と合わせると大きな臨時収入となるため、退職を希望している人は賞与の月に合わせての退職にすると得をします。


そうするためにも、計画的に転職活動をできるようにしていくことが大事ですから、事前に、計画を練っておくのがいいかも知れないのですね。



退職わけが人間関係の場合に、ストレートに人間関係を転職するわけとして挙げてしまうと、相手企業側の人事担当者は、「採用しても同じようなことが原因で簡単に退職をしてしまうのではないか?」と懸念してしまうでしょう。
退職わけを素直に伝えるのではなく、リスクの少ない転職わけを考えた方が転職活動を円滑に行なうことができるでしょう。

関連記事

道
Copyright (C) 2016 転職エージェントに登録して転職に成功した私の体験談 All Rights Reserved.