転職エージェントに登録して転職に成功した私の体験談

転職エージェントに登録して転職に成功した私の体験談
マカロン
ナポレオン
HOME => 会社員から公務員に職を変えることは出来るのでしょう

会社員から公務員に職を変えることは出来るのでしょ

会社員から公務員に職を変えることは出来るのでしょうか?結論を言うと可能です。現実に、会社員から転職して公務員へとなった方はたくさんいます。ですが、転職したからといって給料が必ずしも高くなるとは限りません。



会社員だった頃の方が給料が高かったなんてこともあるので、その辺りをしっかり見極めてから職を変えるほうが良いでしょう。

転職の履歴書中に前職の会社名や勤務年数などのシンプルな経歴を書くのみでは、それを読む採用担当の方に今までしてきたシゴトを知ってもらうことはできないのです。
どんな部署でどんなシゴトを行い、どういった成果を残したのかや技能を身につけたという説明を加えることで、注目されやすくなります。
転職エージェントは、転職を望む人に対し、望む条件に当てはまる求人情報を探してくれます。

保有している求人情報が他よりも多いので、自身が就きたいシゴトに就職しやすいです。ハローワークとか求人雑誌には載っていないような非公開求人情報も取り扱っているため、より条件に沿ったシゴトに決まるかも知れません。



賞与を貰って転職する方が金銭的に余裕があります。



退職金も考えると、少なくない臨時収入となりますので、退職するつもりの人はボーナスの月に合わせて退職すると得になります。沿うするためにも、計画を持って転職活動をするようにしていくことが大切ですから、事前に計画しておくといいですね。英語に強いと就職活動上、メリットになるかと言えば、メリットになる場合が多いでしょう。


楽天が有名ですが、社内公用語が英語に限られている会社もありますので、英語に堪能だったら、他の求職者に比べて選択肢が増えて、有利に事が運びます。

履歴書に掲載できるような英語能力に関する資格を取得しておくと良いでしょう。

シゴトを変えるときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取っていると役に立つことも少なくないと思われます。



このMOSとは、マイクロソフト社公認のPCスキルを認めてくれる資格になります。
このMOSという資格を得ることで、ほとんどの企業において一般的に使用されているマイクロソフト社のワードやエクセルなどに必要な知識と技術があることが証明されるのです。

転職の際の履歴書の記入のコツですが、これまで勤めていた会社でどんなシゴトをしていたのか、どんな業績を残したかなど、シゴトでどんな成果を上げたのかを明りょうに書くことが大切な点です。転職を考える際には、履歴書でアピールすることが重要なのです。


転職に挑戦してみようかと思っている方は、要望している転職先で必要とされる資格はどういう資格か考え、少し時間をかけて資格を取得しておいた方がいいでしょう。面接時、他の人に差をつけることが出来ると言う事もあるといわれていますし、資格手当のつく企業では資格を持っていることが大切な証拠ですから、取ってない方は進んで取得した方がいいですね。

関連記事

道
Copyright (C) 2016 転職エージェントに登録して転職に成功した私の体験談 All Rights Reserved.